検索
  • 奈津子

自分が自分のなりたいものになって道を歩こう-2018年9月27日スキドコのラジオ

随分と放置していた、スキドコのラジオアーカイブ、

10月のバタバタが落ち着きまして、やっとブログ更新です。

10月7日、札幌中心部に完成した「札幌市民交流プラザ」のオープンや、

10月10日から14日まで開催されていた「No Maps」というイベントなど

盛りだくさんの10月前半、そしてその残務に追われる後半。


お待たせしました!浅沼修さんのアーカイブアップです!


○2018年9月27日(木) 21:00〜 スキドコのラジオ

ゲスト:浅沼 修さん(シンガーソングライター・詩人・自由人)

好きなこと:ぼんやりする時間を楽しむこと

好きを分解すると:落ちつける(ニュートラルな状態)、感情がない状態


スキドコの輪の流れを一旦中断しまして、スペシャル回を数回に渡って

お送りしていく1週目、この日のゲストは、浅沼修さんです。

浅沼さん、最高だったなー!

O.A終わった後も、30分以上そのままお話をしておりました。

キャッチボールラジオの深澤さんに、

「永久保存版くらいよかったよ!」と言ってもらいました^^


写真、めっちゃ嬉しそう、私。



自分で作っていいんだって思った

浅沼さんは17歳の時に作詞作曲をしたのが、

「時計台のある街」

今も浅沼さんが大事に歌い続ける名曲ですが、

なんと一時期まで、作者不明のものとして扱われていたのだから驚きです。

浅沼さんはそれを、長い時間をかけた実験としてやってたというから、さらにビックリ。

自分が作った作品が世の中にどう残っていくのか、

ある意味泳がせていた...ような感じかもしれない。

「時計台がある街」が浅沼さんの元に帰ってきたのが、

1980年、STVアナウンサー・喜瀬ひろしさんがレコードを出す際に、作詞作曲者として浅沼さんの名前を記載した時だったそう。

さらに、2011年のCDを出したときが、作詞作曲・歌が浅沼修さんになったのだと。

「作者不明ってかっこいいじゃない。

 そう言うことをやっちゃうのが、なっちゃん、詩人の感性なのさ」と笑

あー、最高。


まだ、「シンガーソングライター」というジャンルがない時代、

自分で作詞作曲をする人が少なかった時代、

なぜ浅沼さんはそれを始めたのか、聞いてみたかったことでした。

当時、プロではシンガーソングライターはたくさんいたと思う、

やっぱりすごかったビートルズがいたけど、

ビートルズの歌をコピーする人、影響を受ける人は多かった中で、

浅沼さんは誰かに許可をもらわなくても、自分で作っていいんだなーって。

その精神をコピーしたんだと言う。



ぼんやりするためには徹底的に向き合う必要がある

浅沼さんが言う、「ぼんやりする」っていうのには

たくさん考え、整理し、出し切った後に訪れる時間のこと。

ただ、ぼーっとするのとは違う。

ニュートラルであり、無になるときなのかなと。

浅沼さんいつも本当にたくさんのことを考えているんだと思う。

そう言う、アウトプットの後の、

「ぼんやりとする時間」ってすごい気持ち良いのだと言うのは、

何度か経験している。

(ぼんやりする≒放心状態 とも言えるかも...)


今までの人生を整理したいと言う、浅沼さん。

今まで何を考えてきたか、何をしてきたか、

溜まっている引き出しの中を整理したい、整理した後、

またぐっちゃぐちゃにする、そうしておかないと人生面白くないって言う話が

とっても面白かった!

もういちいち、浅沼さんが発する言葉が、とても刺激的で、詩人である浅沼さんの力をとっても感じました。


そして、「私も何者かに早くなりたい」という話の中で、

誰かに求められるのが一番難しい、自分でなりたいものになれ!

って言う言葉もとっても響いた。

例えば、詩人になりたい、自分は詩人であると決めたとき、

自分の一挙手一投足が「詩人」としての身ぶり、考え方、スタイルになるだろう?と。

そうなればいい。

そう言う気持ちで生きて、振る舞えれば、

実態が付いてくるのかもしれない。

人から「詩人」って言われることを密かに待っている人って気持ち悪くない?って。

あー、最高だな、浅沼さん。

自分の熱量だけで生きることが一番簡単だよと。



君に会いたい

放送終わり間際の、生演奏「君に会いたい」は、本当に本当に最高でした。

浅沼さんに生で歌ってもらうなら、これともう早々に決めていて笑

せっかくスタジオで歌ってもらってるのに、ヘッドフォンで機械を通すのもったいなくて、

ヘッドフォン外して聞いておりました❤︎

生の歌声の音圧や、ハスキーな歌声、小さな息遣い、

やっぱり生で聴くっていいですね(涙)


コンサートあります!

そして、浅沼さんのコンサート「時計台のある街」、いよいよ来週10月25日(木)です!

日時:10月25日(木) 開場18:00 開演18:30

場所:札幌クラップスホール

料金:前売3,000円 当日3,500円

チケットは、クラップスホール、三角山放送局、オフィスキャッチボール、大丸プレイガイドで発売中です。

時計台も改修が終わり、綺麗になりましたね!この間ちょっと見たとき、壁面が少し黄色っぽいのが気になりましたが>_< 長く愛され続けて欲しいものです。

(そうそう、札幌市民交流プラザの劇場hitaruの5分前の合図は、時計台の鐘の音なんですよ。)



改めて聴くと、良い放送だったなぁと思うし、ニヤニヤしちゃいました。

明日は、浅沼さんのコンサートの撮影を仰せつかっておりまして、

アマチュアカメラマンですが、ちょっと撮影してきます!



はぁ、またぜひお招きしたいー!


53回の閲覧

2013年からフリーランスのPRプランナーとして、企業や団体の理念や取り組みを、人に社会に繋げていく活動をしています。

 

Read More

 

About Me

© 2017 by Going Places. Proudly sukidoko Project

  • スキドコFB

​問い合わせ|山岸奈津子 natsuko.next@gmail.com